幹細胞培養上清液

幹細胞培養上清液

幹細胞とは、体のさまざまな種類の細胞の元となる細胞のことです。新生児の時には体に多く存在しています。この幹細胞を培養した際に分泌されたサイトカインを豊富に含んだ液体のことを、幹細胞培養上清液と呼びます。

サイトカインとは、細胞から分泌される成長因子(たんぱく質)のことで、体内でダメージを受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たし、老化で傷ついた細胞の修復を行います。
そのため、この幹細胞培養上清液を点滴で体内に投与することで様々な健康回復、増進、美容に対する効果が期待できます。

幹細胞について詳しくはこちら

幹細胞培養上清液の主な機能

炎症を抑える機能
破壊された組織臓器では強い炎症が起きています。生理活性物質はその炎症を抑えます。
炎症で傷ついた細胞を保護する機能
炎症を抑え、傷ついた細胞を保護する機能によって、破壊された組織や臓器に対する緊急対応を行います。
体内に存在している幹細胞を誘導する機能
傷ついたり、破壊された幹細胞本来の機能を呼び覚ましたり、その周りに存在する幹細胞を誘導したりして損傷部に健全な幹細胞を集めて増殖させ、必要な細胞に分化させます。
新たな血管を作る機能
新しくできた血管を通して、再生された組織や臓器が機能するために必要不可欠な酸素や栄養素を運びます。

費用

(税込)
1ml11,000円
2ml22,000円
3ml27,500円
4ml35,200円
5ml44,000円

副作用

  • 血管痛
  • 低血糖

施術を受けた方は、献血ができなくなります。

幹細胞とは?

幹細胞とは・・・
胎児や新生児の体の中にある様々な細胞の種類の元となる細胞のことで、まだ分化が終了していない細胞という意味で「未分化細胞」とよびます。
この細胞こそが、幹細胞です。自己複製能(何度でも分裂する能力)と多分化能(いくつかの機能細胞に分化する能力)をもった細胞のことです。

幹細胞の機能

加齢と幹細胞の関係

小児期に傷の治りが早く、回復力が早いのは幹細胞が体内に多く存在するからです。

では、幹細胞培養上清液とは??

幹細胞が育つ際に放出されたサイトカイン群(成長因子、免疫調整因子、抗炎症因子、神経再生因子など)を豊富に含む培養液のこと。(幹細胞を培養し幹細胞を分離した後、遠心分離した上澄みをフィルタリングし滅菌処理を施したもの)

サイトカインとは・・・
サイトカインとは、幹細胞から分泌されるタンパク質で細胞間の情報伝達する物質のことです。
細胞の増殖・分化を促進する働きがあります。体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たし、老化で傷ついた細胞の修復する働きがあります。

では、それを点滴で投与するとどんな効果があるの??

抗炎症作用障害部位の治癒促進、疼痛軽減効果
血管の再生、新生血管作用動脈硬化性病変の改善・進行予防、EDの改善
活性酸素除去作用疲労回復、生活習慣予防
免疫調整作用アレルギー性疾患、自己免疫疾患
神経細胞修復、再生作用脳梗塞、脊髄損傷
骨再生作用骨粗鬆症、歯肉炎
美容作用、増毛、育毛作用各種成長因子による
組織修復作用肝障害、間質性肺炎

こんな効果が期待できるとされています。